HOME > 診療案内 > 初期FMF胎児ドック

初期FMF胎児ドック


わかること


頭蓋骨・脳、顔面、心臓、脊椎、両腕、両手、両脚、両足、膀胱、臍帯動脈、性別など、赤ちゃんの身体の基本構造について知ることが出来ます。
ダウン症・18トリソミー・13トリソミーなどの染色体異常については、胎児ドックだけで8割方わかります。
無脳症、開放性二分脊椎、腹壁異常、手足の欠損などがあれば、100%に近い確率で見つけることができます。
心臓病や口唇口蓋裂なども、半数以上はこの時期に見つかります。

検査対象


妊娠12週〜14週頃の方
赤ちゃんに何か気になる所見を指摘されている方は、週数関係なく受診いただけます。



*トリソミーなどの染色体異常について詳しく知りたい方は、血清マーカー(コンバインドテストPLUS)を組み合わせて受診頂く必要があるので、
13週6日までに受診する必要があります。

検査内容


経腹または経膣超音波検査(エコー)で、赤ちゃんの形や動き、血流などを観察します。
首のむくみ、心拍、血流などを確認し、染色体の異常がないかどうかも確認します。

検査時間


30分~60分程度
赤ちゃんの向きや、赤ちゃんの身体になにか気になる点があったとき、検査時間が長引く可能性があります。

検査のメリット


赤ちゃんの健康状態を早く知ることが出来ます。
また、赤ちゃんの病気を早期発見できることで、確定的な検査を受けるか経過観察をするか、
または胎児治療に繋げるかなどの、次のステップを考える時間が長く得られます。

検査結果が当日中にわかるので、結果次第では当日に絨毛検査を受けることが可能です。

予約はこちら


よくあるご質問

お客様からよくいただくご質問とその回答をご紹介いたします。