HOME > 診療案内 > ミニスキャン

ミニスキャン


わかること


赤ちゃんの心拍妊娠の部位の確認をします。
また、流産の可能性、赤ちゃんに大きな異常がないかもチェックします。

検査対象


妊娠8〜11週頃の方

・NIPTを受ける前に、大きな問題がないかどうか知りたい方
・妊娠初期の流産経験などがあって早めに精密検査を受けたい方 など

検査内容


経腹または経膣超音波検査(エコー)で、赤ちゃんの形や動き、胎児心拍、子宮の形などを確認します。

検査時間


15分~20分程度

検査のメリット


・心拍確認後の赤ちゃんに関して、強い不安がある時などに、いち早く安心できるメリットがあります。
・NIPT検査を受ける際、認可施設であっても超音波検査をしない場合があります。もし流産していたり、大きな異常があったときに、NIPT検査を受けないという選択肢ができます。
・Vanishing twinなどを見つけることで、NIPTを受ける時期を調整したり、結果の正しい解釈につなげることができます。

予約はこちら


よくあるご質問

お客様からよくいただくご質問とその回答をご紹介いたします。