HOME > よくあるご質問
――Q&A

よくあるご質問

Q1.

出生前検査と胎児ドックは違うものでしょうか?


どちらも胎児の検査という意味では同じものです。一般的に、出生前検査というとダウン症の検査を指すイメージが強く、そのための羊水検査やNIPTを指します。当院では、特定の疾患のみを検査対象にするのではなく胎児の全身を検査するという意味で、あえて胎児ドックという用語を用いています。

Q2.

妊婦健診と胎児ドックは違うものなのでしょうか?


はい。通常の妊婦健診は、主に母体の健康状態を確認するもので、胎児ドックでは胎児の健康状態を確認します。
通常の妊婦健診でも赤ちゃんの大きさや羊水量などはチェックしますが、それ以上どこまで細かく観察するかというのは施設や医師の考えによって大きく差があります。かかりつけの施設で「問題がない」と言われているから、赤ちゃんの病気を細かくチェックされているかというと、そうとも限りません。

Q3.

胎児ドックは、妊娠中のどの時期に受けるのが一番良いでしょうか。


初期(13週頃)と中期(20週頃)の受診が一般的です。評価できる項目に違いがあるため、両方受けて頂くことで、より正確に胎児評価をすることができます。それぞれの検査の特徴については診療案内をご覧ください。

Q4.

どんな病気があっても受け入れるつもりでも、胎児ドックを受ける意味はありますか?


はい。胎児ドックによって、心臓病などの診断がつき、胎児治療を選択できたり、適切な出産場所や時期を決めることができます。妊婦健診のなかで行う胎児ドックには限りがあるため、妊婦健診に加えて胎児ドックを受ける意味があります。
産科医療機関によっては、通常の妊婦健診とは別に胎児ドックを行なっているところもあります。

Q5.

エコー検査は、お腹からでしょうか?経膣エコーをすることもありますか?


主に経腹エコーのみを用いて胎児の評価を行います。胎児の向きによっては経膣エコーも使用することがあります。また、何らかの異常を疑ったときに、より鮮明な画像を得るために経膣エコーを使用することがあります。

Q6.

NIPTを受ける予定です。コンバインドテストPLUSも受ける必要はありますか?


いいえ。トリソミーの評価において、コンバインドテストPLUSよりもNIPTの方が良い検査です。NIPT検査を受ける場合、コンバインドテストPLUSで「トリソミーがある可能性」を算出する意義はほとんどありません。

しかし、NIPTは胎児を診る検査ではないため、偽陽性(誤ってトリソミーという結果になること)や胎盤モザイク(赤ちゃんは正常だが、胎盤がトリソミーであること)の時に、本当に胎児がトリソミーなのかわかりません。NIPTを受ける場合でも、初期胎児ドックにてトリソミーの超音波所見があるかどうかを確認することは重要です。

Q7.

性別はいつからわかりますか?


11週の初期胎児ドックで性別を確認することができます。ただし、この時期はまだ発達の初期のため、10人に1人くらい判別不能だったり判定を間違えることがあります。中期胎児ドックのときに、より確実に性別を確認することができます。

Q8.

初期・中期・後期検査の時期とずれていても検査は受けられますか?


コンバインドテストPLUSと妊娠高血圧腎症リスク評価は、11週0日から13週6日の間でのみ実施できます。
それ以外の検査は、多少時期が前後しても行うことができます。しかし妊娠週数によって見やすいポイントなどがあるため、初期・中期・後期のそれぞれの時期に検査を受けることが望ましいといえます。
最適な時期を逃してしまった場合や、早めに受診したい場合などは、お気軽にご相談ください。

Q9.

3D, 4Dエコーはありますか?


はい。当院にある全ての超音波機器に3D, 4D機能を搭載しています。赤ちゃんが顔を見せてくれているときは3D, 4D超音波を実施致します。その際に追加費用は頂戴致しません。

Q10.

検査が実施できないことはありますか?


検査によっては、実施できる時期が決まっているものもあり、その時期以外では実施できません。その場合、代わりの検査についてご提案いたしますので、お問い合わせください。

Q11.

きれいなエコー写真をもらうために私にできることはありますか?


超音波をあてて赤ちゃんを観察するため、おなかに保湿クリームなどを塗っていると超音波が通りにくくなり画質が悪くなることがあります。診察の数日前からクリームを塗らないことで、より綺麗に赤ちゃんを見ることができます。治療目的で塗っている薬を中断する必要はありません。

Q12.

家族を連れて行っても構いませんか?


1-2名の診察へのご同席は可能です。お子さまをお連れ頂くことも可能ですが、キッズルームはなく、当院スタッフがお預かりすることはできません。検査中や検査前後の説明は繊細かつ複雑なものになることがあるので、お子様の同伴がある場合には、必要時に別室でお世話いただける方のご同伴もお願い致します。google meet を使用したオンラインでの診療同席も可能ですので、ご来院されない場合は、そちらもご検討ください。

Q13.

診察のときにスマホで写真や動画を撮ってもいいですか?


超音波検査を記念に撮影されたり、SNSに載せることは構いません。医療従事者や他の受診者は映らないようご配慮お願いします。診察自体は長時間になりますので、診察を通して連続的に撮影するのはおすすめしません。

Q14.

写真や動画はもらえますか?


はい。静止画や数分の動画をご希望の方は、診察時に診療スタッフにお伝えください。USBメモリないしはメールでお渡しします。

Q15.

通常の妊婦健診や出産もできますか?


申し訳ございません。当院は胎児ドックに特化したクリニックのため、通常の妊婦健診や出産は受け付けておりません。

Q16.

クレジットカード決済は受け付けていますか?


受け付けております。各種クレジットカードがご利用頂けます。